展覧会スケジュール

搬入日:2018年5月8日(火)-9日(水)

会期:2018年5月10日(木)-14日(月)

搬出日:2018年5月14日 16:00から

スタンダードブース:2600個

展示会面積:5300㎡

会場:中国福建省·厦門(アモイ)市国際会展中心

展覧会の概略

多忙な都会生活、健康サポート食品市場の巨大なポテンシャル

『中国都会サラリーマン健康状況白書』のデータによると、我が国の主流都会で生活するサラリーマンの亜健康は76%に達し、過労状態の人は6割もいる。本格の「健康」の人は3%に過ぎない。命にかかわる食の問題、多くの人は栄養と健康を選ぶ。特にいま食品の不祥事現象が続出する社会、人々は天然、健康、無害食品を求め始めた。こういう中、素食はその候補になり、これから人気を得るだろう。

 

素食養生展第一ブランド、世界の素食新風潮をリード

アモイ素食展は中国メインランドにおいて、はじめての「素食、環境保護、健康」をテーマにした養生展覧会である。開催され2年以来、「生機、楽活」の概念を大衆に浸透し続けた。アモイでの素食レストランの比率はすでに全国1位に登った。さらに、もっと多くの無害食品は消費者に好かれるようになった。地球温暖化、動物保護主義、餓死消滅などの新理念が出現すると同時に、素食主義者も日々拡大し、人々が素食を提唱するようになった。宗教的な要因だけじゃなく、素食は新しい健康的な生き方になり、世界中の食卓の新風潮をリードするだろう。

 

美しくて美味しい素食、視覚味覚という二重のエンジョイを体験

アモイ素食展覧会の7割は台湾からいらす。台湾素食産業の発展は長年世界の先端にありながら、市場は飽和状態に近くなりつつあることで多くの企業はメインランドの巨大な市場を狙い始めた。展示品は無論素晴らしくて、色だけで惹きつけられると思われる。そのおかげで、多くの客商が惹かれて展示品を鑑定し、購買する光景は目に絶えない。展覧会は大いに異彩を放つ。

 

12万の人波、目を逃せない

アモイ素食展覧会とアモイ仏事用品展覧会、アモイ御茶展覧会、3 会同時に開かれる。現場に集まった12万の人波は必ず御社のプロモーションのベスト土台になる。「禅、茶、素食」3大文化の要素が一堂に集まり、視覚の盛典が行われる。歴代の客商はそれを評価する一方、消費者と触れ合って、自社商品の知名度を広めることができた。客商たちによると、展示品は初日に完売し、非常に盛んな盛典だった。